普通車と軽自動車の売却の違い

車売却…普通車と軽自動車で違いある?

車売却における普通車と軽自動車の違い

普通車を車売却するときも、軽自動車を車売却するときも、その手続きにおいては一緒であると思ってる方もいらっしゃるかもしれませんが、実はこの両者には違いがあります。
普通車を売るときと軽自動車を売るときでは、いくつかの点で違いがありますが、ここでは必要書類が違うことについてご紹介します。
まず、普通車を売るときに必要になる書類は、車検証、印鑑証明書、委任状、譲渡証明書、リサイクル券、自動車納税証明書です。
普通車の場合は実に6つの書類が必要になるわけですが、これが軽自動車になると少し少なくなり、車検証、リサイクル券、自動車納税証明書の3つですみます。
ここで注意しなければならないのは、軽の自動車にばかり乗ってきた人が、初めて普通車を売る場合です。
こういう人は軽の売却に慣れているので、普通車の売却では軽よりも必要書類が多くなるということを知らない可能性があります。
そのため、いざ売却することになったとき、書類を用意する点でスムーズに対応できないということがあるかもしれないので、この点を注意しておく必要があります。
しかし、前もって勉強しておけば対応できるので、事前に必要書類について確認しておいてください。

 

 

車買取相場より20万円高く査定・売れた方法【簡単5分】