車売却で自動車税の還付が受けれる

車買取などを利用して…車売却をすると自動車税が還付される

車売却をすると自動車税が還付される場合がある

自動車税は、毎年4月1日の時点で登録自動車を使用している人に納税義務が発生します。

 

5月に送付されてくる納税通知書で示されている方法で、4月1日から翌年3月31日までの1年度分の税金を一括で納める税金ですが、買取査定⇒車売却をするときにはこの税をいくらか還付してもらうことができます。

 

自動車税はその性質上、1年度分の税金を前納する形になっているため、年度の途中で車売却をすると、その車両を使用していないのにもかかわらず税金を納めてしまっている期間が生じることになります。納税者である車の使用者の中

 

にはこの仕組みに不公平感を抱く人がおり、還付制度はこれを緩和するために設けられています。

 

納めすぎていた自動車税は月割で計算をし、売却先の買取店や販売店を通じて、売買代金の一部に算入される形で使用者に返還されます。

 

例えば、10月のある日に車売却をした場合は、売却月の翌月にあたる11月から翌年3月までの5ヶ月分の税金が返還の対象となり、1年度分の税額の12分の5に相当する額が売買代金の支払い時に返還されます。

 

一方、3月に車を売却すると、翌月から新しい年度がはじまるとともに、新たな課税期間が始まるため、返還の対象となる税金はありません。

 

車買取相場を事前に把握、賢くお得に愛車を手放しましょう!
車買取相場より20万円も高く愛車が売れた方法とは?