事故歴の中古車

売りたい車に過去の事故歴がある場合

過去に事故歴がある車について…車買取に出せるのかな?

過去に事故を起こしたことがある事故歴を持つ車の場合、やはり買取価格においてはマイナス要因になってしまいます。

 

どのような人であっても事故を起こした車を好んで買いたいという人はいませんし、買うとすれば価格がかなり割り引かれているケースのみです。通常の車に比べて販売価格を値引きしなくてはならないわけですから、業者としてもそれなりに安い価格でなくては買い取ってもらえません。

 

ただ少々ポイントとして覚えておきたいのが「事故歴」と「修復歴」の違いです。まずそもそも事故歴は何かというと、これはシンプルで過去に事故を起こしたかどうかだけで判断されています。

 

駐車の際に操作を誤ってリアを凹ませてしまった、運転中に衝突してフロントが凹んでしまったといったような場合がこれに当たり、死亡事故などの心理的瑕疵に該当するケースを除けば次のオーナーに告知する義務は基本的に無いとされます。

 

しかし修復歴というのは事故歴とは少々異なり、フレーム部分の修理を行っているかどうかが判断基準となっているのです。フレーム部分が壊れるというのは事故の中でもかなり大きな部類ですから、修復歴が付いているものに関しては事故の衝撃で他の部品も痛んでいる可能性が高いとして販売価格がダウンするうえ、次のオーナーに告知しなくてはなりません。

 

そのため修復歴が付いておらず事故歴が付いているというだけであり、その事故が車の性能に対して影響を与えていない、もしくはしっかりと修理されているということであれば買取価格が大きく下がらないことも多いのです。

 

業者の中には事故を起こしたをまるで修復歴のように扱って買取価格を下げようとするところもありますから注意して下さい。

 

 

車買取相場   TOPへ戻る