車を高く売る交渉術は知らないと損

車を高く売る交渉術

車を高く売る交渉術について

これまで愛用してきた車を手放すにあたっては、できるだけ高く売ることで次の車を購入する頭金とすることが可能です。

 

そのためにはできるだけ自分の条件にあった中古車買取業者を探して査定依頼を行うことで高値を引き出すことができるでしょう。まずはその選択肢が多ければ多いほど有利になるのは当然です。

 

できれば一括査定サイトなどを活用することで自らの居住地、売る車の車種、購入年、傷や故障の有無などの簡単な情報を記載して検索をかけるとすぐに合致する業者が一括表示されますので、その中から興味のあるものをピックアップして査定依頼を行います。

 

すると大体の目安となる査定額を教えてくれますので、好条件のものを選んで出張査定や持ち込み査定の予約を行います。

 

高く売るのにコツとしては、この査定の段階でも2、3社の業者に声をかけておくのが重要です。3人の担当者と接することでその業者の特徴もわかりますし、査定担当者の人間性なども見極めることができます。さらには算出された査定額をそれぞれ比較して交渉術を用いることでさらに高く釣り上げるのも可能となります。

 

多くの業者は同じようなライバル業者よりもサービス面で負けたくないと思うもの。そのため他社の提示した査定金額をその場で引き合いに出すと、それをもとにしてさらに高値の買取金額を提示してもらえる場合もあります。そうやって最終的に最も高値を出した業者と契約を結べば大きなメリットを享受することが可能となるのです。

 

ただし査定担当者も人間ですので、交渉術を用いるときに無理は禁物です。相手を怒らせてしまうなどして交渉決裂してしまっては何の意味もなくなりますので、あくまで線引きした上で進めていくことが求められます。

 

 

車買取相場より20万円高く査定・売れた方法【簡単5分】