同車種でも買取査定に差が出る要因

同じ車種で査定結果に差がある理由とは

同じ車なのに買取査定の結果が異なる理由って?

自動車はいつまでも同じものを乗っているということが少ない現代においては、それぞれのビジネスチャンスがありそれが商売として成り立っています。自動車業界においては、買取専門店がメジャーになってきて一般的に知られるようになったのはごく最近のことです。
世間一般では、同様のタイプの自動車であれば同じような査定額になると思われていますが、需要と供給とのバランスで成り立っているこの業界においては、まったく同じ査定額となることはありません。年式や取り扱われてき状況やボディーの状態などにも大きく変わってきますが、一番大きな査定額の差となるのがボディーカラーであったり純正、社外オプションパーツです。
これらのパーツについては、メーカーが手がけたオリジナルのカスタム商品となり、装着するとなれば購入後にもその費用がかかります。特に人気のあるパーツであれば、需要が伸びて買い手がつくという理由があります。
そのほかにおいても査定の基準となる基本価格が各買取会社で違うからです。基本価格は年式、グレードに加え、エンジンなどに支障がなく良好な状態であることや内外装が綺麗で無傷なもの、車検の残月数3ヶ月以内、平均的な走行距離などの他に事故歴や改造等がないなど、全てにおいて問題がないものにつけられた価格です。この基本価格を元に査定価格がきまります。
業者間においては、独自の販売ルートなどにより査定額に差がでることもあります。

 

 

車買取相場より20万円高く査定・売れた方法【簡単5分】 へ戻る